お客様本位の業務運営に係る方針

株式会社 フレックスファミリーは、アフラックの専業代理店として、保険商品を通じて、お客様の未来に安心をご提供できるように努めてまいります。

1981(昭和56)年にアフラック代理店として活動を始めた頃、病気やケガに備え、治療費や生活費のために保険に加入するという価値観はまだ日本にはありませんでした。

亡くなったときに遺族のことを考えた死亡保険が多く販売されている業界で、アフラックのような「がんに苦しむ人々を経済的苦難から救いたい」との思いから生まれた「がん保険」は珍しい存在でした。働けない期間にも家族の生活を支える保険の必要性を強く感じ、「これは人の役に立てる商品だ」と信じて、代理店登録をしました。

その後、医療技術の進歩により“がん”も治る時代となり、また仕事に復帰でき、病気に打ち勝ち、前向きに生きようとする人がどんどん増えています。

万全な治療を受けるための費用や、働けない期間にも収入の補てんとなるお金があれば、前向きに生きられる人をもっと増やせるはず。

代理店を開業した際に信じた直感は、今では確信に変わっています。

また、当社はアフラックが掲げる「お客様第一」の理念のもと、お客様一人ひとりが創る自分らしく充実した人生を願い、お客様のことを親身になって考えられる心を大切にしています。

お客様への感謝の気持ちを忘れずに「保険」を「商品」としてではなく【保障】を【財産】としてご準備いただくためのサポートを継続してまいります。

こうした基本的な考えを踏まえ、当社は「お客様本位の業務運営に係る方針」(以下、本方針)を定め、本方針のもとで業務運営を行うとともに、本方針に基づく取り組み内容を定期的に確認し。その結果について公表します。また、社会情勢や経営環境の変化等を踏まえ、お客様本位の業務運営を実現するため、定期的に本方針の」見直しを行います。

1.お客様の最善の利益の追求【原則2、5、6に対応】

「私たちは、時代とともに変化するお客様のニーズを的確に捉え、お客様にとって価値ある最良の保険商品・サービスの提供を約束します。」

  1. 私たちは、専門知識や経験に基づき、お客様の最善の利益の追求を図ります。
  2. 私たちは、常に誠実、公正が保たれるよう業務運営に努めます。
  3. 私たちは、お客様の属性や状況を踏まえ、必要な保障や備えるべきリスクに関してお客様の意向に沿った最適な保険商品を提案いたします。
  4. 私たちは、申し込み手続き時に再度意向確認を行った上で、申し込み手続きを行います。

2.利益相反の適切な管理【原則3に対応】

「ライフプランの重要性を説明し、それに基づく保険コンサルティングおよびプランニングの実行支援を約束します。」
  1. 私たちは、お客様の利益を損なうことのないよう、利益相反のおそれがある取引を適切に把握・管理する態勢を整備することを約束します。
  2. 私たちは、お客様の加入目的、収入・家族構成等に照らして最適な保障内容・妥当な保障額の保険商品をご提案します。

3.重要な情報のわかりやすい提供と相応しいサービスの提供【原則2、5、6に対応】

「サービスの質を向上させることを約束します。」
  1. 私たちは、ご契約内容の各種変更手続きなどにおいて、正確かつお客様に配慮した対応を行います。 また、保険契約に関わるお客様からのお問い合わせやご要望に対して、分かりやすく丁寧な対応に努めます。
  2. 私たちは、お客様の加入目的、収入・家族構成等に照らして最適な保障内容・妥当な保障額の保険商品をご提案します。
  3. 私たちは、お客様がご契約をいただく際には、その内容を正しくご理解いただけるよう、ご契約に関する重要な事項をわかりやすくご説明します。また、高齢のお客様に対しては以下のいずれかの対応を実施いたします。
    1. ①契約内容について、ご家族にもあらかじめご理解ただくために、ご家族の同席のもとで商品の説明を行います。
    2. ②保険募集時の確実な説明対応として、複数の募集人が商品の説明を行います。
    3. ③保険契約のお申し込みまで十分に時間をかけてご検討いただくために、契約内容の説明後、日を改めてお客様のご意向に沿っているか確認させていただき、申込み手続きをいたします。
    4. ④お申し込み後に、募集代理店から「お申し込みの保険商品は、お客様のご意向に沿ったものであるか」「ご契約内容にご不明な点はないか」を電話などで確認いたします。
  4. 私たちは、お客様へのご対応が適切になされていることを確認するため、顧客管理システム等を活用し、募集プロセスを記録します。

4.多様化・高度化するニーズに的確に対応できる人材育成【原則2、5、6に対応】

「自浄作用のある社内体制を構築することを約束します。」
  1. 私たちは、一人ひとりのスタッフがお客様から信頼される存在となるよう、商品・コンプライアンス研修や各種専門資格の取得奨励等を通じて、金融・保険の専門的知識の習得、リスクコンサルティングや提案スキルの向上に継続的に取り組み、お客様のニーズに的確に対応できる人材の教育に努めます。

5.評価指標(KPI)【原則2、3、5、6に対応】

株式会社フレックスファミリーでは、「お客様本位の業務運営に係る方針」に基づき、以下の通り評価指標(KPI)を設定し、定期的に公表いたします。
  1. 保有契約者数        63,270 件 (2021年12月31日時点 アフラック調べ)
  2. DM発送数           55,615 通 (2021年12月31日時点 アフラック調べ) お客様に保険の最新情報をご提供し、お客様の最善の利益の追求に努めます。
  3. 生命保険関連資格取得者数  31 人 (2021年12月31日時点 アフラック調べ) (専門・応用・大学課程試験、FP3級、2級 いずれか所有) お客様へのサービスの質向上の為、より専門的な資格を取得し、お客様のニーズに対応できる人材の教育に努めます。
  4. 25ヶ月継続率        96.7%  (2021年12月31日時点  アフラック調べ)

6. その他

原則4、原則7及び投資性商品(特定保険商品)またはパッケージの商品・サービスを対象とした注(原則5注2、原則6注2・注3・注4)については、弊社の取引形態及び取引商品の特性に鑑み、方針の対象としておりません。



<ご参考>金融庁公表の「お客様本位の業務運営に関する原則」と弊社方針との関係
原則 対応する方針
 原則2 顧客の最善の利益の追求 方針1、3、4
 原則3 利益相反の適切な管理 方針2
 原則5 重要な情報の分かりやすい提供 方針1、3、4
 原則6 顧客にふさわしいサービスの提供 方針1、3、4
 原則7 従業員に対する適切な動機づけの枠組みなど 方針4
 

制定 2021年2月10日
改定 2022年5月31日

以上